アメリカ移住8日目。虚弱な息子ちゃんが心配^^; アメリカの健康保険。

YoshikiLife in USLeave a Comment

アメリカの健康保険。 yoshikikato.com

アメリカでの健康保険選びを真剣にやるよ。

今日は日系人の保険ブローカーと電話で1時間半話をして、アメリカの健康保険について色々と聞かせていただいた。

アメリカでは日本のように国民皆保険制度がないため、サラリーマン以外の人々は健康保険も自己責任で各々でプランを選んで加入する。これぞ自由と自己責任の国アメリカ^^ 一昔前は加入しないという手もあったのだけど、”Obama Care”が2014年に施行されてからは、一定の条件を満たす健康保険に入らないと罰金が課せられるようになった。

ちなみにアメリカでは労働人口の3人に1人がフリーランスで、この割合は年々増加傾向だとか。これに私のような自営業も入れたら、サラリーマンは6割をきるんじゃないか?日本は労働人口の9割弱がサラリーマンだと言われている。

KATO家の息子ちゃんは2歳という年齢もあるのだけど、同年代の他のお友達に比べて病院にかかる回数が飛び抜けて多い^^; いわゆる虚弱体質。そんな息子ちゃんが医療費が超高額のアメリカに移住するわけだから、保険選びは他にも増して慎重に進めなくては。高額な医療費で自己破産というのが珍しくないアメリカでは、大げさではなく自らの健康が人生を左右する。

いざという時にかかるIrvine周辺の優良病院のリストは、妻っちがIrvine在住のIさん、Irvineに駐在歴のあるお友達の旦那さんと職場の同僚の方から情報を集めて作ってくれた。情報提供をしてくださった方々本当にありがとうございますm(_ _)m

どうしても無保険の期間が発生しちゃう^^;

今日の1時間半のコンサルテーションでどの保険がKATO家に合っているのかだいたい絞れたので、あとは手続きに進むのみ。アメリカにおいて保険加入の締め日は毎月15日だそうで、今手続きを開始したら最短で5/1から保険適用がスタートするそうだ。

家族の完全移住は5/10だから、私が先に単身で準備をしに来て良かった。しかし、実際にはまだアメリカには居住していない妻っちと息子ちゃんが保険に加入出来るかどうかは手続きをしてみないと分からないらしい^^;

もし居住してからの手続きとなると、妻っちと息子ちゃんの保険は最短で6/1からの適用となる。その場合半月以上が無保険となるから、特に息子ちゃんにはせめて半月だけでもなんとか健康でいてもらわないとな^^

Leave a comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です